スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←クリックで励みになるゾ

室長くんスペシャル「ツイッターを始めた理由」を求めて①




画像は本記事に全く関係ありません。最近LINEで知人から送られてきて気に入ってる一枚。ただそれだけです。


ツイッターの利用目的は人によって異なります。
また、ツイッターに限った話では無いのですが利用目的は時間の流れとともに緩やかに、時に激しく変動していくものです。

しかしながらその根本的な理由は常に一定であります。つまりは「なぜツイッターを始めたのか」という部分がこの理由にあたる訳です。

さて、僕はどうしてツイッターを始めたのでしょうか?

普段僕はその理由を「ツイッターを始めた理由はネット配信(ねとらじ)の配信告知用である」と話していますが、実は違うのです。正確に言えば「友達に唆されたから」と言うべきなんですよね。


僕がねとらじを「配信者側」として始めたのが、記憶が正しければ、高校2年生頃でつまりは17歳。
当時使用していたしたらば掲示板は現在残っていません。※ただし一部のログはローカルに保存してありますので、機会があれば当時を懐かしむ記事でも書きたいと思います。

さてさて。現在僕は23歳になってしまいましたので、ねとらじ配信者としては6年が経過している事になります。

ツイッターを始めたのが、2010年1月2日とあります。



http://www.midnight2d.com/itsukara/

高校2年生の1月2日と言えば、冬休み頃でしょうか?正月真っ盛りな時期ですので、おそらくは祖母の元へ帰省していた事だろうとは思うのですがこの時期の僕が一体何を考えて生活していたのか。今では知る由もありません。

さて、話を戻しましょう。

僕はツイッターを始めた理由を友達に唆されたと言いました。

記憶の片隅に僅かに残る情景はざっとこんなものです。

学校の階段近くの廊下。
友達。(腐れ縁)
「お前ツイッターやってるん?」
「あーやってる」


!!!?


あれ、おかしいですね。

これでは僕がツイッターを始めた理由が「友達に唆された」とはならない...。

友達に「ツイッターを利用されているのか」と尋ねられ「利用している」と答えた時点でそれはツイッターを始めたきっかけとは「ならない」。

果たして僕はなぜツイッターを始めたのか...?
その理由は一体...!?


我々室長探検隊はその謎を明らかにするべく、インターネットジャングルの奥地へと向かった。

続く→記事作成中

←クリックで励みになるゾ
スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。