スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←クリックで励みになるゾ

1938 Betty Boop Sally Swing に関するアニメーション雑記

タイトル Sally Swing
出演スター:Betty Boop
公開 1938



・メインメモ箇条書き
wikipedia及び、The Big Cartoon DataBaseによると、この作品で初めてベティ・ブープBetty Boopが「人間らしく」アニメートされたようだ。ストーリーは非常にオーソドックスで、新キャラクターであるサリー・スイングSally Swingを演じる、ローズマリーRose Marie自慢の歌声を轟かせ、スクリーンの中の観客(及びその他演目の出演者)達の心をヒートアップさせる。この手の作品(つまりは歌を軸とした作品)は、公開当時において流行の最先端をゆく「ホットなスター達」をカリカチュアしたキャラクター達がパロディの名の下にアニメーション界のスター達と交流を育む事が割と多かったりするのだが『ミッキーの名優オンパレードMickey's Gala Premier (1933)ディズニーがその最もたる例であるが、そこまで疑り深く捉える必要などそもそもなかった。劇中に様々なショーマンが登場したが、残念ながら自分の現段階の知識において、パロディ化されたであろう人物は一人としていなかった。もし、何かしら関連のある人物に思い当たる節があるのであれば、ぜひ教えていただきたい。

さてさて、作品自体をシンプルに評価してみるならば「良く言えば無難、悪く言えば心をわしづかみにするような圧倒的な魅力に欠ける」と評しておこう。しかしながら、アニメーション開始からクライマックスにかけてテンポよく、そして熱狂的にとまではいかないものの、お子様向けジェットコースターの如く、視聴者(観客)を楽しませるアトラクションとしての役割は十分に果たせている。この時期のベティ・ブープBetty Boopはいわば「母性溢れ」かつ「家庭的な」女性を全体に打ち出さざるを得ない描写に「没落」してしまっていたが、1930年代中期までのベティ・ブープBetty Boopを象徴する「情熱的かつ男を惑わせる」あのベティ・ブープを彷彿させる。しかしながら、その役割はより人間らしく、より現実味を帯びた姿に(少なくとも黄金時代のフライシャーカートゥーンFleischer Cartoonに比べれば) アニメートされてしまった彼女には、「スクリーンと非現実的な世界へと客=視聴者を誘ってしまう程の魅力や魔力はもう残っていなかった。せめてサリー・スイングSally Swingにその役割を託そうと抗ったのだろうが、ベティ・ブープBetty Boopというダイモンとうまくかみ合わず、ついに「ただ歌うのが上手な女性」の域を出る事ができなかった。

ちなみに、明確なクレジットは無いが、アニメに登場するアヒルの声優はクラレンス・ナッシュClarence Charles Nashであるとされている(声ですぐわかるが)との事。よくわからない中華サイトにてもクレジット無として記載されていた。

・Rose Marie
https://en.wikipedia.org/wiki/Rose_Marie

・Sally Swing (1938) - Betty Boop Theatrical Cartoon Series
http://www.bcdb.com/bcdb/cartoon.cgi?film=4397-Sally_Swing.html

・Sally Swing - Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Sally_Swing

・クラレンス・ナッシュ - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%8A%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5

・Sally Swing 演职员表 – Mtime时光网
http://movie.mtime.com/171471/fullcredits.html


・この作品に関する補足・リンク等

On With The New! Fleischer Promo Art #27
どうやらしばらく前に、この作品を含む当時のロビー活動の際に用いられた広告のが発見されていたようだ。(英語が苦手なので、翻訳が正しいとは限らない。読者自身の目で確かめて頂きたい。
http://cartoonresearch.com/index.php/on-with-the-new-fleischer-promo-art-27/

Sally Swingは一回切りの登場となった模様、ドラえもんに例えるならガチャ子のような(彼女は一回ではなかったが)存在であろうか。
http://bettyboop.wikia.com/wiki/Sally_Swing_(Character)
←クリックで励みになるゾ
スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。