スポンサーリンク

サイレント映画を観てふと気になった事


サイレント映画(あるいわ、初期のトーキー映画)
つまりは、1910年代から1930年代前半。

この時代の映画を観ていると(実写にしろ、アニメーションにしろ)しきりに喫煙シーンが登場します。(現代の映画でも登場はしますけど...)

ですから僕はてっきり、この時代は割とたばこに関して寛容、というよりルーズなのかなぁと思っていました。

しかしながら、各シーンによく目を凝らして見ると、「NO SMOKING」等の看板がちらほらと登場している事に気付きました。

このNO SMOKINGは、現代で言うところのマナー上での禁煙を指しているのか、火気厳禁を意味しているのか、それとも別の何かなのか、どうなんだろうなぁ~~~。


←クリックで励みになるゾ
スポンサードリンク