スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←クリックで励みになるゾ

Windows10にアップグレードできなくてふと思った事


僕の家には、合計4台PCがあるのですが、その内の家族共有(といっても僕は自分のPCがあるので、ほぼ使っていなかった)PCにちょっとしたトラブルが生じました。

というのも、windows10のアップグレードに失敗したんですね。自分のPCとスペックはほぼ変わらない、共有PC i5 メモリ8GB 自分用のノートPC i5 メモリ4GB。

しかも、共有PCの画面には、例のwindows10アップグレード通知が来てるし、システム要件を確認してもアップグレード可能の表示がでる。


だから、共有PCもwindows10にアップグレードできるもんだとてっきり思い込んでいたんです。

しかし、ここで思わぬ落とし穴が。

例えスペックが、足りていても、必ずしも、windows10にアップグレードできるとは限りません。
マイクロソフトさんは、パソコンのスペック情報しかみてません。恋人選びで、相手と直に交流する事なく、「職種」「学歴」「家柄」だけで決めているようなものです。

メーカー製PCを、アップグレードする場合は、必ずメーカーのHPを確認して下さい。そうしないと僕のように、アップグレードに失敗し、OSすら起動しないなんて事になりまふ。


ですが、まだ諦めないで大丈夫。


解決策(と思われる方法)


・素直にリカバリディスクを使う。

でも、僕のような失敗してしまう人って、多分作ってないと思うんですよね()


・別OSからのデータ救出

根本的な解決にはなっていませんが、とりあえずデータだけでも助け出したい人にはいいのでは?
例:Linux系OSを、USBorCD/DVD等から起動し、HDD内のデータを救出する。

(ただし、windows7/8、8.1から10へのアップグレードの際に、例え、データを保存しつつ、アップグレードしたとしても、不完全な形でwindows10にアップグレードされている可能性があるため、データが残っている保証はない)


・1日待ってみる

windows10アップグレード失敗直後はやっけになりがちです。数日置いてみて起動すると、トラブルシューティング画面なんてものが現れる場合があります。





とりあえず、僕の場合。
今回の大事件の二週間ほど前に、共有PCに残っていた自分のファイルは、全て、外付けHDDに移動してあったので、そこまでの被害はありませんでした。(家族も大事なデータはUSBに入れていた)


普段から、別記憶媒体へのデータのバックアップ心がけねばなりませんね(戒め)


←クリックで励みになるゾ
スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。