スポンサーリンク

ポット夫人とチップくんのティーセットがおしゃれ


2015 3 10 41EZLSMrgy0



美女と野獣に登場する「ポット夫人」と「チップ」くんのティーセットです。

ディズニー好きならぜひ抑えておきたい一品です!!


お買い求めはこちらからどうぞ
ディズニー ティーセット ポット夫人とチップくん




そういえば...




同じディズニー映画「ターザン」の中で、ポット夫人とチップくんが登場してるらしいですね!!



ディズニーは昔からこの手の遊びが豊富で、映画を見終わってもまた別の楽しみ方があってワクワクさせられます。

それとディズニー関連でもうひとつ。

映画「ロジャー・ラビット 」にて、僕は今まで「フィリックス・ザ・キャット」のフィリックスは直接登場していないと思っていたんですね。wikiにもこの記述がありますし・・・






しかし、海外のカートゥーン関連のwebサイトを巡回しているとこんな画像を発見・・!!











ロジャーラビットのVHSを見たのがもう何十年も前ですし、
今現在手元に無いので確認ができないんですが、
トンネルのエンブレム?にフィリックスが登場しているみたいです。

フィリックスは、50,60年代ぐらいにリメイクがされていますが、
僕はやっぱり20年代の「おしゃれ」で「サイレント」なフィリックスの方が好きですね。


同年代(20年代)のカートゥーン映画作品だと
「out of the inkwell」(インク壺の外へ)のココも有名ですが、
僕はフィリックスが好きかな。


ポールテリーのアルファルファじいさん(farmer alfalfa)も
ある意味では好きですが、20年代の彼は何処かしら元気がありません。

ブレイスタジオ時代の方がなんかイキイキしています・・・・。


ディズニーに話を戻すと、20年代のディズニーなんかは「Alice Comedies」(漫画の国のアリス)なんてものもありますが、
個人的にはあまりこの作品に対しては「おぉ!!」ってなりません。

なぜなら、現実世界の人間が、漫画の世界に入るより、
漫画の世界のキャラクターが、現実の世界で暴れている図の方が個人的に好きだからです(謎理論)


当時の新聞・雑誌なんかは大絶賛していたらしいですが、フィリックスの人気に比べるとぬるいもんじゃねえかな?
なんて思ってます。

まぁ、フィリックスは奇しくもトーキーという波にうまく乗りきれませんでしたがね・・・。
猫だから泳げないし仕方ないか・・・。
でも、どんな困難にも陽気にクールーに解決していたフィリックスだったら
泳ぐ事ぐらい容易い気がするんですがね・・・・。

なんだか寂しいです。













←クリックで励みになるゾ
スポンサードリンク