スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←クリックで励みになるゾ

本日 12月19日はFCボンバーマンの発売日でした。


2014 12 18 31AWHh-wOwL

8ビットパソコン用ゲーム『爆弾男』を基に家庭用にリメイクして発売したゲームソフト。
そのため厳密には違うという見解もあるが、事実上はボンバーマンシリーズの第1作目である。
FCロムカセット版は同社のFC版『バイナリィランド』と同日に発売されており、
当時のテレビCMでも「バイナリィランドと同時発売」と強調されていた。

翌年にはBEE CARD対応作品として『ボンバーマンスペシャル』のタイトル名でMSXにも移植されている。
タイトル名にスペシャルと付いているのは、先述の『爆弾男』がボンバーマンとしてMSXに既に移植されていた為である。

2004年にファミコンミニのラインナップとしてゲームボーイアドバンス用に復刻されたほか、
2005年にはハドソンベストコレクション Vol.1にも収録された。Palmにも移植された。
1作目ではFC版『ロードランナー』のプロローグ的なストーリー、
主人公のボンバーマンはロードランナーに登場した敵のロボットの1体という設定であったが、
後にシリーズ化した際にはそれらの設定は無かった事になっており、
バンゲリング帝国シリーズにも含まれていない。
パッケージイラストも『ボンバーマン』のタイトルでは唯一人型ロボットのイラストであったが
後の同タイトルでは現在のロードランナーに登場した敵ロボットの絵柄に統一されている。

wikipediaより


今は亡きハドソン。
「バーイ ハドソン ((カーン」

懐古厨じゃありませんが
80.90年代初頭のゲームCMって
本当にワクワクさせられますよね。
(今じゃ、ゲームのCMもめっきり減ってますが・・・)

高橋名人に毛利名人。
(そういえば毛利名が一時期「ねとらじ」にて
配信していたよーなんてリスナーさんに教えてもらいましたっけ)

それと、ハドソンといえばPCエンジンも忘れちゃいけませんね。
カトちゃんケンちゃん、ワンダーモモ、女湯桃太郎電鉄...

・・・・あなたはその時どんなハドソンと遊んでいましたか?


←クリックで励みになるゾ
スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。