スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←クリックで励みになるゾ

歴史 備忘録


昔見たテレビ番組で、B29のパイロットか誰かが
こんな事を言っていた覚えがある

「罪のない日本人が空襲により多く犠牲になった」というが
私は「罪のない」という部分は誤りであると考えている。
なぜなら「本当に罪のない人間は 戦争に対して反対の意を唱え続けた者であり、
結局のところほとんどの人々が、弾圧があったとはいえ、たとえ上辺だけでも戦争に加担していたのだから
※うる覚えで、確証は全く無いので、そこは勘弁願いたい。

最初、この言葉を聞いた時「なぜ、日本国民全員が戦争犯罪人扱いされなければならないのだ」と思った。

この発言は、一見すると、多くの日本人からの、反感を買う発言と捉えられても仕方がない。

だがしかし、民主主義・自由の国の象徴であるアメリカの人間である彼は、
-少くとも当時の旧大日本帝国と比べれば-
「自分の意志をはっきりと述べることのできる環境」で育ったのだ。

「天皇は絶対」で、その天皇の顔も、声さえも、聴くことができず、
上層部から伝えられる事が「天皇の意志」と信じ生きてきた、
多くの旧大日本帝国民と、彼の育ってきた環境は全く持って別次元なのだ。


全く別次元の問題を同じ天秤にかけて測るのは、かなりの無理があると思う。

だから、彼の言っている事は決して間違っているとは思わない。

矛盾するようではあるが、正しいとも思わない。


ふと思いついたことを、
備忘録的として残して置きたかったのでここに書きました。
間違いだらけの文章ですが、何かしら形に残して置きたかったもので。





←クリックで励みになるゾ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。