スポンサーリンク

ベティ・ブープ作品の挿入曲についての備忘録


2014y12m09d_223043875.jpg


フライシャー・スタジオの「ベティ・ブープ」シリーズを見ていた僕にはひとつどうしても気がかりな事があった。
というのも、多くのベティ・ブープ作品で流れるある挿入歌曲(?)の事である。
(挿入曲と言っても歌詞がある訳ではない)

この曲のタイトルがどうしても気になって、
あれこれ調べてはいるのだが中々見つけられないのだ。

数カ月前、自身インターネットラジオ番組「室長ラジオ」内で、
この事についてたくさんのレスナーさんに協力してもらい
どうやら、アメリカ辺りの民謡(?)かもしれないというところまでは分かったのだが
(というのもその時あるレスナーさんが、僕の探しているまさに「その曲」を演奏しているライブ映像のリンクを貼ってくださりました)

あいにく、その時放送に使っていた
したらば掲示板を、僕の不具合で閉鎖せざるを得なくなってしまったために、
今ではそのリンクを僕の記憶のそのまた向こうの世界から呼び出すのは、ノアの方舟の設計ぐらい無理がありそうです。


でもって今更ですが、今回探している挿入曲は、
「ベティの運命判断 Betty Boop Is My Palm Read 」(1932)



の1分37秒辺りで流れる曲です。

(多分聴いたら「あぁ、この曲ね」ってなるとは思うんですが・・・)


初めてこの曲を聴いた時は、「これはベティ・ブープシリーズ(フライシャー・スタジオ作品)の、オリジナルなのかなぁ」
なんて思ってましたけど、実は「ヴァン・ビューレンスタジオ」の「フェーブルズ」シリーズ
「サーカス騒ぎ Circus Capers 」(1930)※邦題は僕が勝手につけました。 のオープニングでもこの曲が流れているんですよねぇ

この「サーカス騒ぎ」という作品も作品で、いろいろと問題のありそうなストーリーでもあるんですが・・・
べtぃちゃんのお色気はどこか愛おしさがあるのですが、この作品にはそんなもの存在しないんですよね・・・。
まぁ、一度見てみればば、その理由がよくわかります。




余談ですがこの作品公開から 1年後の1931年に
ヴァン・ビューレンスタジオは、ディズニーから、キャラクター盗作として訴えられてます。
(正直なところこの時代のキャラクターはみなどこかしら似てますし、
訴えたディズニー側も過去にアリスコメディシリーズにおいて
フェリックス・ザ・キャットのようなキャラクターが登場してますし。
どっこいどっこいのところがありそうですけどねぇ)


まだまだ、探求の旅は続きそうです。





←クリックで励みになるゾ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク