スポンサーリンク

出勤前に憂鬱になる仕事は辞めちゃえばいいと思うの

タイトルで言いたいことは全て言い切ってるようなもんなのですが、出勤前に憂鬱になる仕事って個人的にはすぐやめるべきだと思うんですね。
ニート時代が4年近くあったとは言え、職歴で言えば(今の職場含めず)4箇所ほどある訳ですが、出勤前にいつも僕は憂鬱な気持ちになっていました。
仕事=辛いのが当たり前だと思っていた(というより思わなければならないと思っていた)ので憂鬱ながらも出勤していた訳ですが、実際職場に行けばさっきまでの憂鬱は吹き飛んで、ただの思い過ごしなのかと自分を納得させる日々でした。
がしかし、今の職場で働いていて「今ままで思っていた『仕事=辛い」というのが完全なる間違いだと確信を得ました。なぜならば今の職場は人間関係も含めてとにかく働いていて確かに「楽しい」と思えるからです。かなり説得力に欠けますがお許しを。
もしあなたが出勤前にとにかく憂鬱になるのなら思い切って辞めてみるのもいいかも知れません。個人的にオススメなのはオープニング店で働く事です。店舗改装などではなく完全なオープニング。
今の職場でどこか息苦しさを抱いてる人は「誰かに指示されるより、誰かの前を走って行きたい」そんな野望にも似た気持ちがあるからこそ憂鬱を感じてしまうのではないでしょうか?
←クリックで励みになるゾ
スポンサーリンク