スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←クリックで励みになるゾ

無知の知で無知を晒す無恥


無知の知。一回は聞いたことがあるだろうと。
つまりは「自分が知らない。それを知っている。だから私は優れている」
そんな捉え方を一部の人はしてしまっているような気がする。

無知の知とは「あなたは自分がわかってない事をわかっていないけども、私はわかってない事をわかっていないとわかっている。だから偉いのだ」なんて、相手を卑屈に見下す行為を指すのではない。
それだとソクラテスがそれまでの(それ以降の)詭弁家と何も変わらなくなってしまう。

これは自分が哲学をかじって、どこかよいしょしてしまう。どこか内輪的な感情が根底にあるのも事実なのだけれども、学校で「無知の知」という概念や存在やそれにまつわるエピソードを知って、「無知の知」とは「~」である。と結びつけてしまう。それで納得してしまう。その時に「無知の知」とは「~」なのかもしれない。ではなくて、~であるとしてしまう。これはどこか哀しい。

僕も不得意な事や、興味のないものにはそこまで探求の眼を向けない。だけども、僕は「今はそそられない」だけであって、今後大きく関心を揺さぶられる可能性があるかもしれない。そういう心構えでいる。だから興味の範疇に無いものに対しては「~かもしれない」と、つまりは手段の可能性を完全に絶たずして「遊び」を含ませ寝かせる。

だけども多くの大学生は(ここでは主に大学生を対象として話を進める)「~だからこうである」と、もう手段がそれしかないかのように、悲観的にすらならずそれが当たり前だと悲しみや哀しみにすら気づけず。逆に言えば気づかないから幸せでいれるのかもしれない。

無知の知の話に戻るが、これは「自ずと求めて先に待っているもの。たどり着くもの。ではない」と僕は思う。
ソクラテスも半ば偶然にこの思想を得た。しかし決してそこにおごることなく、彼もまた「無知の知」という手段として清く正しくを生きようとした。かれはこの思想を手段として捉えた訳だから、目的や結果として端から認識していない。

産婆術(問答法)にこの無知の知が組み込まれている事は明白の事実であるけども、彼は無知の知を相手自身に生み出さそうとした。だから「無知の知」とは自身が自身の為に用いるものではない。誰かの助け(それが疎ましく思われようと、その時々の法や善意が許す、もしくは強く推し進めんとする限りにおいて)となるように用いるものだと思う。

だから僕はもしも授業でソクラテスやそして「無知の知」に触れる事があるなら、ソクラテスという化学的(科学的)。いわゆる合理的範囲内での「結果」ではなくて、ソクラテスという手段、無知の知という手段、産婆術という手段、そしてなによりも哲学という手段。
目的を掴み取るための有益な「仲間つまりは思考や概念など」として共に歩む、もしくは誠意をもった別れを与えてあげて欲しい。

無知の知それ自体を蔑ろに扱うことは友や家族や師をそれと同等に扱うことであるのではないの哉。
まさに恥を知らない。いや恥という概念すら無い。従って「無恥」とならないように。
繰り返しになるが、例え手段としても、その手段を蔑ろに扱えばもはやそれは手段というより自分の身を窮地に追い込みかねない毒と化すかもしれない。
←クリックで励みになるゾ
スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。