スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←クリックで励みになるゾ

多数派少数派について書きたかったけどなんかよくわからん記事になった


多数派と少数派。
あなたはなにかしらのモノゴトに対して、著しく勢力が上記の2つに分かれたらどちらを選びますか?

本来であれば「~だから自分はこの意見に賛同する。正確に言えばどちらでもないが、~だからあえてこちら側に身を置く」こうやってモノゴト自体の性質、そして本質に対して自身の意見を多少なりとも連結させているならいいのですけど、もしかすると「多数派少数派それ自体」を評価基準に捉えてしまうなんて人もいるんじゃないでしょうか?

多数派で言うならば「多数派だから安心だ」「世の中の仕組みは多数決だから」などなど。
少数派ならば「少ない意見を尊重すべき」「少数だからこそ至高」つまり「みんなと違う自分カッコイイ現象」に酔いしれる。美徳とする。などなど。

どちらも確かに意見なんですけど、これってモノゴトを判断する上では、見事に路線が異なっているんですよね。

「意見を持つ」「それをカタチにする」とは果たしてどう言う事なのか?僕もまだまだ分かりやしません。


...哲学的な「本質に迫れ」とまでは言いません。残念ながらこんなスピーディな社会じゃ哲学的アプローチは実質意味を成しません。そんな事しててもナンセンスじゃん?って『誰か』が囁くんですよ。

だけどもね、特に大学生においてはそのスピーディな社会から一歩引いたところで、哲学的なアプローチを試みる時間、つまりモラトリアムが用意されているんですよね。

という訳でいつもの如く文章構成なんて無視して逸れた話である『大学生』に思う事も合わせて書くとします。

せっかくのモラトリアムを「合法的に」保証されている大学生諸君なのに、多くの大学生があたかも自身がスピーディな社会で生きている「大人」の如く振る舞っているように見えてなりません。

彼ら彼女らを見ていると、非常に惜しいなあと思っちゃう。未熟であるのに未熟でないフリをしているしさせられてる。誰にでしょうか?大学の友人?バイト先の先輩?家族?ネットの知り合い?自分以外の誰か全員?

結局のところそれは個々の大学生自身がそう決めつけているのではないかと僕は思います。「自分はもう『大人』なのだから...まてよ、大人ではないだろ?...とは言っても『子供』でもあるまいし...あれ?...じゃあ一体自分はなんなのだろうか??」と。

文字や言葉では表現しきれない葛藤が渦巻く瞬間が大学生には必ずあると僕は思います。人は誰でも漠然とした「有るけど無い」。そんな訳のわからない思想を抱き苦しむ瞬間があるものですが、大学生における葛藤にはまた別の種類の息苦しさがあるのではないのでしょうか。

それはつまり、自身が成人に向かって移り変わる過渡期という奴で、それがモラトリアムという奴で。加えてこの時期の彼ら彼女達は非常に不安定なんです。未熟であって当然で、とにかく脆い存在なんですよ。

だからこそこの時期に「背伸び」して「社会人」「大人」なんかを装う必要は無い。それはただの自傷行為である。と僕は詭弁よろしくな極論を申し上げる。

未熟である事は悪では無いんですよ。未熟だと自覚できても、何かがそれを許してくれないんじゃないかっていう意識が、大学生諸君を「大人」に駆り立てているんじゃないでしょうか。

だけどもこれは自身の力だけではどうする事もできない、つまりは哀しい不条理に置かれているだけなんです。

何も大学生に限った話じゃないですけども、大学生は特に「未熟」なんです。モラトリアムにおける「時間」の部分は非常に可視化しやすく、社会や「大人」達との距離も今までよりグッと近くなる。だから刺激を受けやすい。

大学の(年の近い)先輩はどうですか?「大学生なんだから~ぐらいしろ」って言います?それとも「もう『子供じゃないんだから』~ぐらいしろ」みたいな事を言います?子供が子供に大人を語る。非常に滑稽で哀しいと思いません?そんな先輩もまた苦しんでいるんじゃないでしょうか。

「大学生だからこそ」と教授さん(先生)達は口を揃えて言いませんか?。「『立派な社会人』になれるように」「社会で生きぬく為に」ってのは、最初にお話した「モノゴトの本質を見れる人になれよ」って事です。

さてここで最初の話に戻りましょう。多数派少数派というのはあくまでも副産物であってメインじゃない。数は物を測る便利なツールですが『モノ」は測れない。大学生に与えられたモラトリアム。

さてさて、あなたならこのモラトリアム。いかがお過ごしになりますか?
←クリックで励みになるゾ
スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。