スポンサーリンク

メモ

僕は、小、 中、高校生時代に使っていた教科書を今でも持っていますし、今でも使っています。使っていると言いましても、読書用に充てている事が常なのですが。ただ、やはり何かしらを探求したいという衝動に駆られた時に、頼りになるのは教科書。或いは、当時使っていたノートであります。そこには、他者ではなく、自分自身の感情や思想が、形式が整っていないとは言え、直球に記されており、非常に重要な足がかりとなる訳です。...

続きを読む

今日の僕

今日もすっごくがんばりました!!!!!!!!!!!!!!!!...

続きを読む

ふと思った事

さて、4月もそろそろ半分。とりあえず現在の自分自身の精神状態を一言で。良い。そりゃ、ふとした瞬間漠然とした不安に襲われる事はありますが。まぁ、とりあえず大学に行き、授業に出れてる。最低限やる事はやっている。それなら、とりあえずは、とりあえずは、良い。そう思えば、きっと大丈夫な気が。帰宅して、飯を食い、風呂に入り、一息ついて、今日の授業を振り返り、疑問点を書き出し、出来る限り自分で解決し、さらに残る...

続きを読む

今日の僕

朝6時前起床今朝の朝食の食パン二枚のうち一枚にたっぷりとマーガリンを塗りたくった。それに加えて、ドーナツ、たまごときたものだから、朝から相当な量のカロリーを摂取している事になるのだが、そこには目をつむってくれ。1限目の授業は経済に関する授業であった。しかし全くもって講義内容が頭に入らず、気づくと講義は終了していた。2限目も全く内容を覚えていない。3、4限目は休講だった。18時ごろまで、用事があり、大学、...

続きを読む

量産型大学生

量産型大学生だなんて言葉、僕もそれはそれは、よーく使っていまして。量産型とはつまり、個性が無い。みんな同じに見える。面白みが無い。って事ですね。だけども、かのみすゞ大先生は「みんなちがってみんなよい」(いいだったかな?)なーんて仰ってる訳で、みんな違うんですよね。だけども、みんな違うはずの人間なのに「量産型」だなーんて呼んでしまうのは、きっと疎外感かなあ、寂しいのかなあって思うんですよね。同年代でか...

続きを読む

今日の僕

朝7時前起床。疲れから、起きるのが遅れてしまった。黒塗りの高級車に追突してしまわぬよう、明日はもう少し早く起きよう。朝食を取り、大学へ。1、2限目(9:00~10:30、10:45~12:15)に授業は入れていないが、車椅子介助のボランティアがあるため、いつも通り7:30頃家を出た。3限目授業。・先生は南こうせつ似。マシンガントーク。AMラジオを聴いてる気分。とても愉快。・授業は「不条理」「理不尽」という2つのキーワードを軸に展...

続きを読む

今日の僕

朝4時頃起床からの二度寝。5時半頃2度目の起床。枕元のiPhoneの画面が割れていて、あぁ昨日の大惨事(前日の夜、iPhoneの画面に亀裂、いわゆるバキフォンに進化)は夢ではなかったのだと落胆。だけども、目覚めと共に奴からの連絡。にやけざるをえない。かわいいやつめ。7時すぎ、煙草を買いに近所のコンビニへ。煙草だけではなく、モンスターなんちゃらも買った。ちなみに、僕自身の金では無いので、無駄買いではない(クズ)8時過ぎ...

続きを読む

今日の僕

今日は、朝6時前に起床。自発的に起きたのか、起こされたのかよくわからないが、両方とも当てはまるのだろう。兎に角も朝からうれし事があった事に変わりは無い。朝ごはんを食べた。メニューはアサリの味噌汁、白米、卵焼きと焼きたらこ。朝はまだ、親父が家にいたので3人で朝食をとった。朝食後、皿を洗い、ふき、しまった。ただ、今日は(昨日も)3人分の食器なので、若干時間がかかった。その後自室へ戻り、しばし夢の世界へ。と...

続きを読む

夕方までの今日の僕

朝、4時ごろ起床。朝刊を広げると「桃田、田児選手 謝罪」の見出し。朝からげんなり。中高生の頃は、一応バドミントン青年であったのでげんなり。桃田といえば、ちょうど僕と同期、全国の高校生プレイヤーの憧れ。田児もまた憧れ。そんな彼らも人間なのだなと思いつつ、やはりげんなり。新聞を半分ほど読み終わったところで、読書。不登校の経験を持つ様々な人間が己の人生をしみじみ語る本。自分は中高生時代、不登校の経験はない...

続きを読む

今日の僕

今朝は午前4時ごろ目が覚めた。朝食を作り、皿を洗い、弁当作り(といってもおにぎりを握るだけでであるが)髭剃り以外の支度を終わらせ、のんびり本を読んでいた。今日でとりあえず、平日は終わりかーだなんてぼんやり考えていたら嬉しい事があった。それは何かというと秘密である。でもとても嬉しかった。7時過ぎ、家を出た。駅で煙草をふかし、満員電車に乗った。煙草くさいだろうなあと思うのだが、この習慣はなかなかやめれない...

続きを読む

遠い国の君へ

小学生の頃。僕のクラスでいじめがあった。僕はいじめの存在を認知はしていたが気づかないフリをしていた。いじめを受けていたのはA君。彼とはさほど深い仲ではなく、とりあえずクラスが一緒なだけ、といった関係だった。ある日の下校時、たまたまAと遭遇した。何を話したのか、詳しくは覚えていないが、虚ろな目をした彼に「君はすごいよなぁ」と言われた事だけは、はっきりと覚えている。僕の何をすごいと思ったのか、君がいじめ...

続きを読む

今日の僕

今日も朝から大学へ行ってきた。雨が降っていたのはだるかった。1限目の授業は、なんと総勢298人の学生がいた。笑い声にやられた。一人で人混みを歩くのは大丈夫だが、そこに自分と同じ大学生がいるだけでやられた。とりあえず僕は死んだ事にして、僕は人間ではなくこの空間を漂う埃だと思い込んだ。先生の話など一切頭に入ってこなかった。僕は埃なので頭に入れる必要はないのだ。気づけば授業は終わっていた。授業と言っても初回...

続きを読む

今日の僕

今日僕は、1~4限の授業全てに出席した。授業初回は、いわゆる授業は行われない。大抵今後の授業方針を説明する。それでも僕にとっては大進歩である。だがしかし、あきらめて出来なかった事もある。今日の5限に該当する時間、すなわち、16:45からの資格に関するガイダンスに僕は出席していない。そのガイダンスに出席しなかったからといって、資格の申し込みができない訳ではないが、それでも僕の親は僕がこのガイダンスに出席する...

続きを読む

なぜ人を好きになるのか

理由があるから好きになるのか、好きだから理由を作りたがるのか。どちらも正解であり不正解であるのだろうとしみじみと。...

続きを読む

とある友人の話

とある友人がいた。とても元気な友人だった。しばらく連絡を取っていなかったある日、ひょんな事から連絡を取り合い、遊びに出かける事になった。話を聞くと、相当泥沼に陥っていたらしい。だがしかし、彼は常に笑顔で、自分の泥沼エピソードを笑い話として話していた。彼は夏なのに、長袖を着ていた。長袖の隙間からチラリと包帯が見えた。僕は全てを察した。黙って見過ごす訳にもいかず、「どうしたのその右腕」と問いかけた。出...

続きを読む

サイレント映画を観てふと気になった事

サイレント映画(あるいわ、初期のトーキー映画)つまりは、1910年代から1930年代前半。この時代の映画を観ていると(実写にしろ、アニメーションにしろ)しきりに喫煙シーンが登場します。(現代の映画でも登場はしますけど...)ですから僕はてっきり、この時代は割とたばこに関して寛容、というよりルーズなのかなぁと思っていました。しかしながら、各シーンによく目を凝らして見ると、「NO SMOKING」等の看板がちらほらと登場してい...

続きを読む

猫飼いたい

猫飼いたい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!にゃああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!猫飼いたい猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!にゃあああああにゃああああああああああああああああああああ!!!!...

続きを読む

インターネットの友達は友達ではないのか?

長い事、インターネットの世界で過ごしていると、そりゃいろんな人に出会います。ガチニートだったり、ヤバイ薬キメてたり、風俗嬢だったり、絶賛不倫中の人妻だったり、某大企業の社員さんだったり、んまあそりゃいろんな人と出会う訳ですよ。僕はそんな彼ら彼女らの事を勝手に友達だと認識していますが、時々疑問に思う事があるんです。友達ってなんだろーなーって。インターネットで喋った人の9割型、みーんな「友達いないんで...

続きを読む

逃げることの大切さ

逃げる事は決して悪い事ではないと思います。そりゃ、他人から見れば「あいつは信用ならん」なーんてレッテルを貼られる事もあるでしょう。でもでも、やりたくもない事を無理やりやる必要もないと思います。やりたくなるまで待ってみるのも人生だと思います。自分の人生は自分のものです。だけども、自分の人生には常に誰かが関わっている事も忘れないでください。逃げるだけ逃げたら、あなたを逃がしてくれた誰かの為に逃げ場を用...

続きを読む

なんだかんだで

自分自身の事は、周囲の人間の方がよく分かってる事の方があるんだなーとしみじみと。とりわけ、友人よりも恋人よりも、親なんだなーと。いくつになっても、親はやはり偉大だなあと。本来親ってそういう存在のはずなのに、ニュースを聞いてると虚しくなるなってしみじみと。...

続きを読む

中学の思い出

ふと、中学時代の思い出について語りたいなと思ったのでキーボードをならしています。中学3年生の修学旅行、沖縄に行ったんです。灼熱の離島沖縄。メンソーレ沖縄。そこで、サーターアンダギーを作ったのですが、見事にホテルに忘れて家に帰宅してしまいした。あのサーターアンダギーまだあるのかなあ。あとあとあと、バスのガイドさんがとっても可愛かった。クラスのウエイ連中は皆バスガイドさんに。だけども僕には好きな人がい...

続きを読む

一日一回ノスタルジック「第1回 Squirrel Nut Zippers - Ghost of Stephen Foster -」

個人的に気に入った、ノスタルジック(orっぽいコンテンツ)をメモしておくこのコーナー~~~~。第1回目はSquirrel Nut Zippersの「Ghost of Stephen Foster」という曲のMV。なぜこのMVを紹介するからというとですね...。すんごぉおおおおおおおおおおおおおおおく、クラシックカートゥーン。とりわけ、フライシャースタジオっぽいので、紹介するんですよぉ~~~。バンド演奏の導入場面ダーティな世界観。もうどっからどう見た...

続きを読む

ナショナリズム

いつの事だろう、授業中こんな質問を受けた覚えがある。「ナショナリズムが高まる時はどのような時か」その時僕は「ナショナリズムが高まる時、それは自国の安全が、他国によって脅かされた時ではないか?」と答えた。先生は僕の意見を褒めて下さったのだが、いやはや、今振り返ると随分と生意気な事を言ったものだ。ナショナリズムと手元の辞書で引いてみたところ、ナショナリズム=国家主義とある。国家主義とは、個人の利益より...

続きを読む

スポンサードリンク