スポンサーリンク

本を読まない人に読書家ではない本好きがあーだこーだ言う記事

「本を読む人ほど話が面白い」とはよく言われますが、実際のところ本を読むか読まないただそれだけで、話の面白さが変わる訳ではないと思います。本を読む理由は人それぞれではあるのですけど、いわゆる「話の面白い人」というのは実際のところ話それ自体が特別に面白い事は稀で、その人がどんな人なのか?それが一番大きな要因じゃないでしょうか。話の面白い人というのはつまり、本であろうと週刊誌であろうと、ネットの情報であ...

続きを読む

物は言いようだなぁ~って思った話

昨日、朝から夕方近くまでちょいと通話をしてまして、そりゃいろんな事を話したのですけれども、話の流れから(というかこっちが強引に突然話を切り出した訳なんですが)「恋と愛」にまつわる思想を語っておりました。というとどんな感じなのかといいますと、「恋って来いじゃん?愛って会いじゃん?」といったものでして。恋は来いとも読める。そして来いと言うからには、何かを待っている。愛は会いとも読める。そして会いと言う...

続きを読む

恋という感情は生まれてからずっと「植物状態」にある人でも抱くのか?

恋心と呼ばれるものが芽生えた瞬間、人はそれを恋だと認識できない。なぜそれが恋だと定義づけるかといえば、それまで培った様々な経験から「恋」を導き出す。本に漫画にアニメやゲーム。ドラマや映画。教科書やら学校生活その他もろもろの経験や体験から得られる「恋」という概念の朧気な情報。千差万別あろうとも各々の抱く「よくわからない感情」はそれらを通して「恋(心)」として受け止められる。じゃあもし生まれてからずっと...

続きを読む

読書をする事の「メリット」なんて考えてないで読みたい本を読めばいい

最近ヴェルヌの地底旅行にハマってます。遠い昔に熱中した一冊なんですが、久々に読んでみると面白くて仕方がないです。さて。みなさんは本を読みますか?家に本はありますか?もっぱら電子書籍派ですか?兎に角も「本」っていいですよ。ほんと素晴らしい。本なんて好きなもん読んどきゃいいんですよ。自分が読みやすい本を選んどきゃいいんですよ。本が苦手って人はきっと自分に合わない本を本だと思ってるだけなんですよ。それか...

続きを読む

頑張ろうとしてるんだけど上手くいかない人へ

物事が上手くいかない人ほど、根本的問題を解決する手法は大抵わかっているもんですね。前にも書いたんですけど「なぜだかわからないけど、何をやっても上手くいかない」という思考に陥ってるときに限って、自ずと何が良くないのかわかってる場合が多いです。加えて何を成せば解決、もしくは現状をとりあえずは打破できるかも。何がよくないのかわかっているからこそ、自分の目の前に圧倒的な壁を連想しては底知れぬ無力を痛感して...

続きを読む

最近また読書にはまってしまった話をしたかった

思い起こせば中学生時代。それはそれは毎日のように本を読んでました。その時好んで読んでいたのがホームズやら二十面相やら。特にヴェルヌ。宗田理さんの僕らシリーズも。それから青い鳥文庫のパスワードシリーズに夢水清志郎シリーズ。青い鳥文庫のクロスオーバー系小説。全体的にフィクションが多かったですね。高校時代は一気に読書量が減り、引退までほぼ読んでないに等しいです。とはいえ部活引退と同時に時間的にも猶予(受...

続きを読む

無知の知で無知を晒す無恥

無知の知。一回は聞いたことがあるだろうと。つまりは「自分が知らない。それを知っている。だから私は優れている」そんな捉え方を一部の人はしてしまっているような気がする。無知の知とは「あなたは自分がわかってない事をわかっていないけども、私はわかってない事をわかっていないとわかっている。だから偉いのだ」なんて、相手を卑屈に見下す行為を指すのではない。それだとソクラテスがそれまでの(それ以降の)詭弁家と何も...

続きを読む

喉の渇きは時間の乾き?

喉がどうしても乾いて、あなたの財布には100円も入っていないとして、しかし喉は乾いて乾いて仕方がない。友が近くにいれば「ちょっと小銭貸してくれん?」とでも言えばいいのだろうけど、困ったことに「今」小銭を貸してくれる輩もいない。かといってその辺を歩いている見知らぬ人に「すみません。喉が乾いて仕方がないのでお金を貸してくれませんか?」などとも尋ねる訳にもいかない。となれば、帰宅するまで耐えねばならない...

続きを読む

優劣感ってなんなんだー

あなたはなんか好きなもんあります?いやぁ人でも物でもなんでもいいんですけど。僕はずっと好きだと思えるものがありません。と思ったらふとした瞬間にやっぱり好きだなぁ~って思えちゃったっり。人間ってよくわからんです。という訳で自分がすきなもの(人)を思い出せる限り思い出してみたら結構ありました。だけどもそれらが本当に好きなのかすぐに不安になります。何かの記事で「僕は無声映画が好きだが、これは何か嫌な事か...

続きを読む

スポンサードリンク